銀英世界(妄想)教育體制


銀河帝國(高登巴姆王朝)社會體制下的教育特徵

  1. 專制國家。初等教育、國民中學、實科中學的教材需要經過中央審核後施行

  2. 基礎產業發達、技術學校種類繁多

  3. 學校分類專門化

  4. 愛國、尊皇等情操教育為根本課程

大部分學校都允許私校的設立,唯一被明文禁止的是軍事相關與國家研究院。

又,皇立魯道夫軍事學院的預算為宮內省所撥發,與其他學校的監察、預算分屬不同上級機關。

大學預備校地位的文理中學雖然允許私人興學、但是多為領有伯爵位階以上的貴族有能力設立。

注意!!

本篇記事與圖解為綜合了「銀河英雄傳說」與約10年前的德#國教育體制所編造出來的架空教育體制,絕對不等於現行德#國教育體制。也不等於銀英傳作者田中芳樹遵循此設定寫作。

以下架構為本人為了創作二次衍生物而紀錄、整理的設定。

請誤連到本頁的網友明辨!!

為了幾句無關緊要的台詞,花了兩天努力去了解德#國教育制度,嗯……果然世界不是只繞著美國轉啊~

德國和法國在學制上就跟我們熟悉的633差很多。不過過去被稱頌為產學合一、能力分科的德#國#學#制,最近似乎也因為移民增加以及初等學校升文理中學(Gymnasium)的比例大為提昇的關係,似乎也面臨了制度面重新檢討的時機了。

即使制度再好,社會情況一旦有所變化還是要跟著適應才行吧。

以下是參考了德 # 國 # 學 # 制簡化又修改後的妄想教育體制,真實社會可是更複雜的喔~

為了怕有人搜尋關鍵字誤觸地雷,把國名與可能誤導人的關鍵字做出區隔

Ginei-education-sys

引き続きは日本語で訳します

この記事は、「銀河英雄伝説」の世界観をベースに、ドイツ(およそ10年前)の教育システムを参考に作成した図である。架空の教育システムであり、決して現行ドイツ教育システムではないこと、あらかじめ断っておきます。

なお、田中氏の「銀河英雄伝説」の二次創作物として作成したもので、決して田中氏が上記のシステムを沿いながら書いたというわけでもない。ご了承お願いいたします。

ゴールデンバウム王朝の社会体制から見られる教育システムの特徴

  1. 専制国家のため、初等学校からレアルシューレ(Realschure・中国語訳は実科中学)、ハウプトシューレ(Hauptschure・中国語訳は国民中学、もしくは職業予備校)の教材は政府の審査と許可を得てから実施する。
  2. 基本産業発達、技術学校が多い。
  3. 専門化が進んだ学校の分類。
  4. 尊皇、愛国という情操教育が根幹である。

また、私立学校が許されていないのは軍事関連、国家研究院(大学院にあたる)である。

なお、大学予備校とされたギムナジウムは私立枠が禁じられていないが、設立出来るのは主に伯爵以上の階級に限られている。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 變更 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 變更 )

Facebook照片

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 變更 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 變更 )

連結到 %s