參考資料:騎士道精神


簡單的整理了騎士、騎士道乃至紳士禮儀作法的源流與演變。

村西瑞穂/騎士道精神について

(京都產業大學的學生作業………的樣子)

另外也列了些參考書目,哪天弄來看看。

騎 士道精神について簡潔に言うと、忠誠・武勇・敬虔・謙譲・弱者保護がある。最初に生まれたのは忠誠と武勇で、ヨーロッパの封建的主従関係が契約的・双務的 な性格をもっていたので、忠誠は日本の武士道のような無制限・絶対のものではなかった。武勇といっても、武士道とちがい捕虜になることは原則的には恥では ないのである。騎士は、十字軍と密接な関係にある。十字軍は各国騎士の相互接触、キリスト教諸騎士団の結成を通して、中世騎士の特色である騎士道の形成を 促し、また騎士文化の展開を助けたのである。十字軍時代にキリスト教倫理をとりいれて、奉仕、敬虔、謙譲、弱者保護の徳目が加わった。もちろん弱者保護に は婦人への奉仕も含むが、実際には保護というよりも多くは崇拝の対象にするのであり、しかもそれは貴族身分の特定の女性に限ったという。

騎 士道が完備するのも騎士道の社会的役割が小さくなった14~15世紀である。完備した制度によれば、ふつう貴族の子息は7歳頃から14歳頃まで小姓として 他の貴族の邸宅で生活し、婦人への随従と武術を学び、14歳頃に従士となり、21歳頃に騎士に叙任されたということだ。

宮 廷騎士像に見られる独特の性格が明確に現れるのは、徳目に関する多くの要求と社交上の行動に関する諸規定との結合においてである。すなわち騎士たるために は叡知、正義、節度、果敢さを具え、気高く、美しく、武器の扱いに巧みなだけでは十分でなく、それに加えて、宮廷の上品な習慣や礼儀作法の掟、良き雰囲気 をわがものとし、人間、特に婦人の前で正しく振る舞う術を心得ていなければならぬとされていたのである。

騎 士という役割が世襲化へ向かい、支配階級の末端をなす貴族的な身分として固定されてくると、戦士としてだけではなく新たに徳目が課されることになった。そ れは各地の宮廷で培われた礼儀・洗練・寛大といった精神的な諸傾向である。その中で、南フランスに宮廷風恋愛が起こった。宮廷風恋愛とは、意中の婦人への 献身を主君への臣従になぞらえた恋愛のことで、自分より身分の高い婦人を慕う過程において人格は陶冶され、行動は洗練されると説かれる。

騎士道精神流傳至現代的一些具體實例。

女士優先,起源於保護弱者的基督教誨以及中世的「女性奉侍」精神

童軍活動,等於是培養忠於國家、充滿勇氣,不論遭遇什麼事情都以誠實至上的人格

公學校教育,雖說是公學校,不過這可是英式public school,跟銀英裡的幼校企圖培養貴族階級的精英理念有點類似,不過田中不知道是學習院小學沒抽中還是怎樣,非常討厭這類型的學校。幼校被他寫得實在很無聊,雖然也托福可以自由發揮啦。

パブリックスクール…学業よりも、人格形成を指導目的とし、騎士道精神に道徳 的観念をおいている。そこでは「英国のエリートに犠牲的精神と指導性を身につけさせる」ためにスポーツを教えている。つまり「競技は単に個人の勇気や決断 力を養うだけでなく、統率力や団結力をも教える」ために重要であるとして、スポーツを推進していたようだ。

這裡跟「艾瑪」合著看應該更有趣吧~

最後是對比賽勝負要求「堂堂正正」的觀念。要為了名譽而戰。

スポーツにおけるフェアプレイ…正々堂々闘う」という騎士道精神に由来する。騎士道における名誉に関して言えば、戦争で勝つことよりも「立派に戦うこと」がより大切とされていた。貴族の“ノブレス・オブリージュ”の一面がフェアプレイ精神として現れた、とも言われる。

嗯,這麼檢視下來,發現其實菲尼才是騎士,亞力克根本是奸商?

反正是第一個出身費沙的皇帝,商人習性重一點應該也還好吧?有些騎士道的精神與相關教育,應該會跟帝王教育的部份重複或者矛盾,至於權衡就給亞力克自己來吧。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 變更 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 變更 )

Facebook照片

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 變更 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 變更 )

連結到 %s