The Daughter of Time


田中のネタソース

WIKIの記事検索

時の娘』(ときのむすめ、The Daughter of Time)は1951年に発表された推理作家ジョセフィン・テイ(Josephine Tey)作の長編推理小説である。

時の娘 物語

アラン・グラント警部は犯人を追跡中に怪我をし、しばらくの間病院のベットで横になることになった。彼はふとしたきっかけからイングランドリチャード3世に興味を持つようになり、知人から渡された当時の文献などを調べ、リチャード3世の知られざる素顔、そして彼が2人の王子エドワードリチャードをロンドン塔に幽閉し殺害したとする悪名高い逸話は真実なのかを、寝たきり探偵的に推理していく。

寝たきり探偵:決して毛利小©郎ではありません!

時の娘 タイトルについて

タイトルの『時の娘』とは、「真実は時の娘」(英語:Truth is the daughter of time.あるいは、Truth, the daughter of Time. ラテン語:VERITAS TEMPORIS FILIA)というフレーズの一部であり、「時の娘」とは「真実」「真理」(Truth)を意味する。「真実は、今日は隠されているかもしれないが、時間 の経過によって明らかにされる(明らかになる)」という意味だとされている。フランシス・ベーコン(1561-1626)の『Novum Organum』(「真理は「時」の娘であり、権威の娘ではない。」)やメアリー1世(1516-1558)の肖像画、メアリー1世の時代のコイン(4ペンス銀貨)、レオナルド・ダ・ヴィンチの残したメモなど様々な所に見受けられるフレーズである。もちろん、この小説の冒頭にも引用がある。

因為如此,所以這般,嗯,田中,你的意思是克斯拉是西元年代偵探小說迷囉?(大誤~)

「真実は、今日は隠されているかもしれないが、時間 の経過によって明らかにされる(明らかになる)」

~以上為克斯拉台詞~

時間相對距離,因此這句台詞非常隱晦的被umi改為

真理,即使暫時在「這裡」被隱藏了起來,經過好幾光年的距離的「那裡」 還是有人天高皇帝遠的爆料!

但是後來自己吐槽想「你不講沒有人聯想得到,不要思考瓦普!!」

所以還是紀錄一下好了~

真理是時間的獨生女?

那麼

八卦就是距離的私生子

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 變更 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 變更 )

Facebook照片

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 變更 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 變更 )

連結到 %s